青汁 効能

青汁の効能ご存知ですか?

近年、青汁は人気があり、青汁が身体に良いということ、なんらかの効能があることはご存知だと思います。ですが、具体的にどんな効き目があるのか知っている方は少ないかもしれませんね。こちらではたくさんある青汁の効能について解説していきたいと思います。また、代表的な青汁の原料についての効効果も記載していますので、貴方が青汁を選ぶ時のご参考にぜひして下さい。

ふるさと青汁

ふるさと青汁には、明日葉と大麦若葉、桑の葉がブレンドされています。注目したいのが明日葉の効能で、根や茎にある「カルコン」という成分はむくみの原因となる老廃物を排出してくれるデトックス効果があります。他には便秘解消の効能もあります。そして大麦若葉にはカリウムやカルシウムが豊富で骨を強くする、桑の葉にはデオキシノジリマイシンという成分が入っているため糖尿病を防いだり高血圧を抑えたりする作用も期待できます。

 

青汁三昧

青汁三昧には、大麦若葉・ゴーヤ・ケールがブレンドされています。大麦若葉には女性に多い骨粗鬆症を予防・改善してくれる効能があります。また、ゴーヤにはビタミンCやミネラルも豊富で免疫をアップしたり糖尿病を予防してくれ、ケールには「イソチオシアネート」という成分があり血栓を出来にくくする作用もあります。さらに抗酸化作用がありコレステロール値を下げてくれる嬉しい効果もあるのですよ。

 

 

やずやの養生青汁

やずやの青汁には、栄養価が一番高い朝摘んだ草丈20〜30pの大麦若葉がふんだんに入っています。やずやではこのたっぷり入った栄養を身体に吸収しやすく加工しています。効能としては、カリウムやカルシウムが骨を強化し、ビタミン類も多いため新陳代謝を活性化し脂肪燃焼を促進してくれます。また、クロロフィル(葉緑素)もたくさん入っていて胃もたれや腸の働きを調整してくれる効能もあり、素晴らしい植物なのです。

 

キューサイのはちみつ青汁

キューサイのはちみつ青汁は、スーパー野菜であるケールで作られています。ケールには食物繊維がたくさん含まれているため便秘を予防する効能があります。またイソチオシアネートという成分によって血が固まりにくくなるため心筋梗塞なども予防してくれます。さらにはちみつには一緒に摂った栄養の吸収率を上げる働きもありますが、はちみつ自体にもビタミンやミネラルが多く入っており、整腸作用や高血圧予防、美肌になれる効能も期待できます。

 

ファンケルの青汁

ファンケルの青汁は、ケールで作られています。ケールは食物繊維が豊富で便秘を緩和してくれる効能があります。また、イソチオシアネートという成分は血液をサラサラにし、心筋梗塞や脳梗塞を予防してくれる効能もあります。さらに抗酸化作用もあるのでコレステロールを低くしてアンチエイジング効果も期待できます。また、ファンケルではツイントースという成分を配合しているためケールに多く含まれるカルシウムの吸収率をアップしてもくれるのです。

 

青汁の代表的な効能ってなに?

健康のために食生活を見直して、青汁を飲み始める人が多いですよね。

 

では、どんな効能があるのでしょうか?

 

青汁には、いろいろな原料が利用されていますよね。

 

代表的なものは、ケール、明日葉、大麦若葉でしょうか?

 

これらに共通するのは、緑色の野菜であるということです。

 

早い話が青汁を飲むことで、どうしても野菜不足になりがちな食生活を改善するのに飲む人が多いのです。

 

そう考えると、その効能はキャベツやピーマンなどを食べるのと同じことで、いわゆる生活習慣病の予防に役立つといえます。

 

具体的には、アトピーなどのアレルギーの改善、お腹の調子を整えて便秘を解消、コレステロール値や血圧を下げるといったことが期待されます。

 

 

成分としては、各種ミネラルやビタミン、そして、食物繊維を多く含んでいるので、お腹の中から元気にしてくれるのです。

 

よく野菜ジュースと同じではないかと思われるのですが、野菜ジュースよりも食物繊維やミネラルなどは多いですよ。

 

野菜ジュースは、飲みやすくするために、絞った後の食物繊維を取り除いたり、味をととのえるのに、いろいろな調味料を添加しています。

 

そのために、野菜のビタミンを含んでいても、砂糖や塩分を添加しています。

 

それらを体内で消化吸収するために、ビタミンが使われることになり、結果的にビタミンバランスが悪くなる可能性があるのではないでしょうか。

 

よりバランスよく栄養分を摂取したいと思うなら、野菜ジュースよりも青汁の方が効能は大きいですよ。

 


美しくなりたい人にお勧めの青汁の効能ってなに?

美しく健康でありたい!

 

それは、女性なら誰でも願っていることではないでしょうか?

 

美しく健康であることの一つに、肌がきれいであることがあげられるのではないでしょうか。

 

どんなにスタイルがよくても、どんなに目鼻立ちが整っていても、肌荒れがひどいとか、小じわが目立ってしまっては、いまひとつですよね。

 

肌をきれいにするには、内臓から。

 

便秘になると肌荒れになるのはよく知られていることで、腸内の悪玉菌が増えて、それが出す有害物質が腸を通って、血液で運ばれるからだと言われています。

 

 

そこで青汁を飲んで、腸の中からきれいになりましょう。

 

青汁は、野菜をそのまますりつぶしているので、食物繊維が多く含まれています。

 

この食物繊維が入っていることで、腸内環境が整い、ビフィズス菌などが活躍して悪玉菌をやっつけていきます。

 

また、ビタミンバランスも整えられるので、美肌の効能があります。

 

そして、女性におおい下腹が出てしまうぽっこりお腹の原因、便秘を解消する効能が青汁にはあるので、便秘も解消されて、スリムになることもできますよ。

 

最近、青汁に含まれるメラトニンが小じわやたるみにいいということで、アンチエイジングの効能にも注目されています。

 

となると、飲まないわけにはいかないですよね。

 

たくさん飲む必要はありませんが、毎日1杯ずっと続けることで、内臓からきれいになり、それが、美肌につながっていくのです。

 

やはり、日々のちょっとしたことが、大きな差になってくるのですよね。