全て1人であるがゆえに活躍できる

フリーランスは、会社勤務している人たちのようなチームワークはなく、全ての仕事を1人で取り組まなければなりません。仕事に対して全責任を負い、個人のスキルでやり遂げる必要のある孤独な仕事です。
また、会社勤務のように仕事が割り振られるわけではなく、自分で仕事を見つけなければなりません。つまり、仕事が見つからなければ収入は0で、決して安定しているとは言えないでしょう。

しかし、会社員として働くわけではないので、個人としてしっかり評価され、活躍できる機会が圧倒的に増える可能性があります。個人が評価されて信頼を得ることができれば、次の仕事にもつながりやすくなります。
その上、仕事の売上げは全て自分の収入となり、1つの仕事に対する収入が会社員の給料よりも多くなりやすいのも事実です。孤独かつ責任が重いのがフリーランスではありますが、スキルと仕事さえあれば個人が正当に評価され、社会で活躍することができるのです。

また、フリーランスは自分の得意分野である仕事を選ぶことができます。
さらに、仕事をしたい時に取り組み、休みたい時には休めるので、かなり自由度が高いと言えます。よって、ストレスフリーの環境で仕事をすることができ、より活躍できる力を蓄えることができるでしょう。
ただし、誰もが活躍できるわけではなく、しっかりスキルを磨き、計画性がなければいけない点に注意が必要です。事前に活躍している人に1度お話を聞き、自分に照らし合わせて考えてみると良いかもしれません。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.