孤独を紛らせるために忙しさを選ぶ

 個人で活動しているフリーランスは、周りにコミュニケーションを取れる仕事仲間がいないため、会社勤務で働いている場合と比べて孤独を感じやすく、精神的に不安定になる傾向にあります。

 その寂しさを紛らわせるために、仕事量を増やして打ち込むのも働き方のスタイルの1つです。仕事に専念している間は孤独を感じる場面は少なく、働いているという強い充実感が感じられるでしょう。フリーランスの仕事が忙しくなるかどうかは本人次第であり、クライアントから多くの仕事を引き受ければそれだけ忙しく働くことができます。できれば余裕を持って働けるのがベストであるものの、時には忙しい状況がフリーで働く人たちにとって救いとなる場合もあります。
フリーランスが寂しさを感じやすい場面の1つのは、仕事の案件の隙間です。1つの仕事が終わり、次の仕事が見つかるまでの間、やることが無くて暇な状況もありえます。そのような時に冷静になって我に返り、急に強い孤独感を感じることが珍しくありません。

 寂しさが精神的なストレスになって、心身に異常をきたすことにもなりかねません。
精神的に不安定な状況を避けるためには、次の仕事を早く見つけてできるだけスケジュールを途切らせない心掛けが欠かせないでしょう。仕事が一段落しそうになれば積極的に営業活動を始め、すぐ再び働けるよう労働環境を整えると上手くいく可能性があります。
こうして忙しい仕事を続けているうちに仕事仲間も増えて、次第に寂しさを感じることもなくなります。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.